LAMTIP PARTNERS Co., Ltd.

Serviceサービス

経営ソリューション

経営ソリューション

弁護士(法務問題)・社会保険労務士(給与業務)他、税務以外のサービスも

経営問題が起きた時に、「誰に」「どこまで」「何を」相談したらよいか、途方に暮れてしまうという話をよく伺います。私どもは「弁護士」「弁理士」「不動産鑑定士」「司法書士」「行政書士」「公認会計士」「中小企業診士」「税理士」「社会保険労務士」「保険コンサルタント」「資金調達コンサルタント」など、様々な専門家のバックアップより、経営者の方の「わからない」ストレスを無くす努力をしています。まずご相談ください。
それは経理・税務と全く異なった問題でも構いません。専門家同士で知恵を出し合い、経営者の方にとって、最善たるべき回答を持って御社にお伺いたします。これは単なる専門家のご紹介ではありません。どの専門家に対するご相談も最後までラムチップ・パートナーズが責任をもって対処いたします。

最良の回答を、バックオフィスパートナー
CompanyA CompanyB CompanyC 問題提起 ミーティング(月1回) 提案業務 LAMTIP CONSULTING Co., Ltd. 会計士 社会保険労務士 会計士グループ [フロントエンド] 回 答 提 案 弁理士 弁護士 不動産鑑定士 行政書士 保険コンサルタント 法律家グループ [バックエンド]

ご提供業務

銀行融資交渉

銀行からの融資は「プロパー融資」となった段階から会社自身が策定する資金繰り計画が重要になってきます。会社の過去の財務状況と今後の事業計画から無理のない、銀行が納得する資金繰り計画をたてなければなりません。
銀行員との融資交渉にも同席するため、社長が苦手な財務問題についても、適切な回答をしたうえで支払利息の利率と返済年限の交渉を有利に進めていきます。

ビジネス特許(知財関連業務)の取得

当社では税務顧問となった段階で、会社の行っている事業内容を確認し、収益性や他の会社との違いを把握します。そのうえで提携弁理士とともに、通常の税務監査では把握する事が難しい「ビジネスモデル特許」になるかを提案していきます。
決算は事業内容を把握してこそ、正確な財務諸表ができると考えています。

渉外契約書作成(英語・タイ語)

中小企業でも最近外国企業との取引が増加しています。特に外国企業は契約書を重要視するため、取引先からの契約書のチェック、もしくは英語での契約書の作成は身近なものとなってきています。当社は東南アジアでの経験を生かして、外国企業との法務問題に関して提携取引先と契約書問題まで踏み込んでアドバイスができる準備をしています。

ベンチャーキャピタル・私募ファンド紹介

ベンチャーキャピタルや私募ファンドに対しては、「過去の財務諸表」より「今後の会社の収益性と株式価値の極大化」が求められます。また会社が狙うマーケットおける会社の立ち位置と、収益を産むであろうターゲットの把握についても適切なプレゼンが必要になります。
会社の変遷の中でどのステージ上においても株価が最大になる様、経営者と一緒に理論構築していきます。

債権回収のアドバイス

お金を払ってくれない得意先に対しては、対策を立てなくてはなりません。内容証明郵便を送付しても支払ってくれない場合、意図的に支払いを放棄している可能性もあります。未回収債権の金額にもよりますが、簡易裁判や本裁判まで視野に入れたアドバイスを行って、通常難しい不良債権の回収をお手伝いします。